寄附メニュー一覧

本基金は、持続的発展のための安定的な財源確保を目的とする「東北大学を支援する基金」と、 寄附者様のご意向を尊重して大学運営に反映させていただく「特定のプロジェクトを支援する基金」で構成され、 現在、企業・団体や個人の皆様など多くの方々にご支援をいただいております。

東北大学を支援

真理の発見を目的とした「研究第一主義」、学びたい人々を受け入れる「門戸開放」、研究成果の社会還元を目指す「実学主義」、 これらの理念のもと、100年を超える歴史の中で多くの成果と実績を残しております。 2004年に国立大学が法人化され、各大学がその自主性・自律性に基づき、大学独自の多様な取り組みが出来るようになりました。

東北大学基金は以下の4つの点に重心を置き、寄附者の方々のご厚意を反映させていただきます。

教育・研究への助成、施設整備の向上

学生の能力をさらに向上させるため、より良い教育・研究環境の導入はとても重要です。公正な人類社会の実現に貢献できる人材育成のために施設整備などの支援を行います。

学生の海外留学への積極的な支援

国内で初となる「入学前海外研修」をはじめ、学業成績が優秀な学生に総長から賞状及び奨励金を授与する「東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞」、夏休みや春休みの2~5週間を利用して研修に参加する「スタディアブロードプログラム」などへ、経済的な理由で留学を断念することがないよう支援しています。

学友会などの課外活動の推進

課外活動を通し学生時代から社会と繋がることは、その後の社会貢献意識を高める良い機会となります。大会などにおいて優秀な成績を収めたり、本学や地域社会に多大なる貢献をした学生団体に「課外活動奨励賞」を授与します。また、ボランティア活動など学友会の垣根を越えた企画立案事業に対し、助成を行っています。

同窓生のつながり・地域社会とのつながり

卒業してからも東北大学の同窓生として国内各地にて交流会が行われています。また、地域の皆様にもご参加いただける東北大学ホームカミングデーなどにその費用の一部を支援しています。

menu