新型コロナウイルス BCP 対応ガイド
東北大学アカウントでログインした状態でご覧いただけます

COVID-19相談窓口学生への心のケア ・教職員の皆さんへの要請事項 ・学内施設等の休止情報について ・その他参考情報 ・情報配信LINEbot ・オンライン授業を支援する便利ツールまとめ

Information in English

行動指針レベル1への移行について(2022/05/20)

5月23日(月)から行動指針レベル1へ移行します。

新型コロナウイルス感染症の影響の下で2年半が経過し、政府において社会経済活動との両立に向けた今後の感染対策について検討が進められております。本学においても、感染対策と本学の研究教育をはじめとする諸活動との両立をさらに進展させ、新しい日常のもとにそれぞれの活動を更に充実発展していきたく、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

しかしながら、依然として新型コロナウイルス感染症の流行は続いており、予断を許さない状況です。行動指針のレベル移行後も、正しいマスクの着用、徹底した換気、密の回避、手洗いなどの基本的な感染対策と毎日の健康観察を実施し、感染から自らの身を守ることとあわせて、他人に感染させない自覚と責任ある行動をお願いします。

なお、諸活動の活発化に伴って、会食を伴う懇談等の機会が増えることも予想されますので、基本的な感染対策の今一度の徹底とともに会食上の注意事項について留意の上、ご対応くださいますよう、併せてよろしくお願いします。

東北大学総長 大 野 英 男

ニュース|学生、教職員のみなさんへ(行動指針レベル1への移行について)

 

COVID-19相談窓口

共済組合員・OB・共済組合員のご家族を対象とした、相談ダイヤルです。

学生への心のケア

学生の心の状態にも可能な限り心を配って頂くようお願いします。

◾️ 新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関するアンケート(R2年度実施)結果に基づくリーフレットはこちら

・現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえれば、不安な気持ちや気分の落ち込みは自然なことと考えられます。
このリーフレットでは、アンケートの結果に基づき、今後、学生に接する際に大切であると考えられる点をまとめてあります。
学生への対応や関わり方等でお困りのことがありましたら、学生相談所にご連絡ください。

【学生相談・特別支援センター】

学生相談・特別支援センター :
学生相談所は こちら

TEL:022-795-7833
E-mail:gakuso@ihe.tohoku.ac.jp

学生相談・特別支援センター :
特別支援室は こちら

TEL:022-795-7696
E-mail:t-sien@ihe.tohoku.ac.jp

障がいを持つ学生への対応や関わり方等でお困りのことがありましたらご相談ください。

[参考]
・日本赤十字社「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ
・厚生労働省「新型コロナウイルス感染症関連|SNS心の相談」についてはこちら

・大学等における新型コロナウイルス感染症への対応ガイドライン(文部科学省) ▶ 詳細
・感染拡大の予防と研究活動の両立に向けたガイドライン(文部科学省) ▶ 詳細

教職員の皆さんへの要請事項

教職員の皆さんには、自身の健康管理の徹底と「3つの密(密閉・密集・密接)」を回避する行動、そしてこれらの学生への指導を強く要請します。
下記を参照し、皆さんと学生の安全確保と感染拡大防止に努めてください。

新型コロナE-learning / COVID-19 E-learning

教職員の皆さんは、動画を視聴して感染対策を学習してください。動画視聴後は確認テストを受けてください。/ Faculty and staffs of Tohoku Univesity are required to watch the video and take a short test.

動画教材 PDF 確認テスト
資料PDF 確認テスト
Video PDF short test
PDF short test

【一般的な感染予防の徹底】

・十分な対人距離(2メートル以上)の確保
・水と石けんによる手洗の徹底
・入口及び施設内での手指の消毒設備の設置
・マスクの着用
・オンライン会議等リモート手段の活用
・施設の適切な換気
・施設設備(ドアノブ・エレベータボタン等の人が頻繁に触れる箇所)の消毒 ・発熱等の症状のある者の入室制限

【健康管理・行動履歴の記録等】

・朝晩の検温、記録
・行動履歴の自己管理
※特に出張、外出先での活動(相手、時間、経路、訪問場所)の記録
・研究室等への入室等の活動歴の記録
・緊急連絡体制の構築

【実験施設・設備利用時の推奨事項・留意点】

・実験施設・設備の利用は最低限に留め、データ解析等は在宅実施
・「三つの密」を避けるための運転計画、施設利用スケジュールの構築
・複数の人の手が触れる場所(端末操作画面やスイッチ、ドアノブなど)の消毒
・複数の人が同時に操作を行う必要がある研究施設等での、マスク等の着用、またはアクリル板・透明ビニールカーテン等による遮蔽措置
・単独で長時間の実験・施設利用を行う場合の、利用開始・終了の声掛けや記録
・設備の遠隔利用や研究代行、機関内外の遠隔利用サービス等の積極的な利用
・空き教室や実験・実習室等の積極的な活用

【研究計画の延期・変更について】

・新型コロナウイルス感染症の影響により、研究の活動や計画の進捗に支障が生じた場合は、文部科学省や各研究費制度の担当機関等に相談のこと
・文部科学省の競争的研究費制度におけるコロナ対応 ▶ 詳細

【イベント・催事に関する注意】

・催事の企画・運営にあたっては、以下のガイドラインに従ってください。
[催事ガイドライン]
日本語 English

【日常生活において】

・大人数での会食や飲み会は避けてください。
・会食等で飲食店等を利用する場合には、自己適合宣言マーク等の表示に留意してください。
・海外への私的旅行は中止してください。

学内施設等の休止情報について

生協学食・購買店についてはこちらをご確認ください ▶ 詳細
【附属図書館から】
・附属図書館・図書室の開館(室)状況についてはこちらをご確認ください。 ▶ 詳細
・学生向け図書の郵送貸出サービス(仙台市外の方限定)についてはこちらをご確認ください ▶ 詳細

自宅で利用できる電子資料

その他参考情報

・オンライン授業についての情報共有はこちら
・厚生労働省「新型コロナウイルス感染症関連|SNS心の相談」についてはこちら
・LINE公式アカウント「宮城県-新型コロナ対策パーソナルサポート」についてはこちら
※登録すると個人の状態に合わせた情報提供や医師への相談サービスを利用できます。

情報配信LINEbot

こちらへ登録すると学部・研究科ごとの最新情報を自動で受け取ることができます。https://lin.ee/z0tuLID
【開発者】中屋悠資さん(工4)、高橋佑輔さん(工3)、樋口賢一さん(医3)(注 開発当時)
いずれも株式会社Adansons所属(2019年6月設立の東北大学発AIベンチャー企業)
本サービスに関する質問など : https://twitter.com/YushiNakaya
LINE bot

オンライン授業を支援する
便利ツールまとめ

TOP