東北大学110周年ホームカミングデー 開催報告


 東北大学ホームカミングデーは、同窓生が旧友や懐かしい恩師と再会し、 在校生と親睦・交流を深めていただくため、そして何より「母校に帰ってきていただきたい」という思いを込めた企画であり、創立100周年を迎えた2007年から毎年秋に開催しています。
 創立110周年の節目となった東北大学110周年ホームカミングデーは、平成29年9月30日(土)および10月1日(日)に、東北大学百周年記念会館川内萩ホールをメイン会場に開催いたしました。
 今回は2日間にわたっての開催となり、同窓生、在校生のほか、一般市民の皆様にも多くご来場いただき、旧交を温める場、そして新しい出会いの場として大いに盛り上がり、好評のうちに幕を閉じました。

 次回のホームカミングデーは、
          2018年9月29日(土)~9月30日(日)
に開催いたします。
 東北大学創立111周年となる来年も、同窓生の皆様、市民の皆様に、さらに東北大学を身近に感じていただき、仙台の秋を彩る風物詩として、末永く愛される秋の祭典となるよう鋭意企画中です。
 ぜひ“緑の丘”東北大学へお越しください。



110周年記念祭典


 9月30日(土)に、110周年ホームカミングデーのメインイベントである記念祭典が開催されました。
 第一部「感謝状贈呈式」では、東北大学校友歌「緑の丘」を作詞・作曲された本学OBの小田和正氏をお迎えし、総長から感謝状を贈呈いたしました。式に続いて、小田和正さんが学生時代に所属していた混声合唱団の現役及びOBの学生より、「緑の丘」制作秘話や小田さんの学生時代の思い出などのインタビューをおこなったほか、小田さんと一緒に「緑の丘」および思い出の合唱曲「遥かな友に」を合唱しました。
 次に、本学の同窓生が数多く在籍し、活躍されている宮城県内の各機関・団体の中から8名の発起人が登壇し、宮城萩友会の来春の正式発足に向けた設立宣言を行いました。東北大学には、これまで宮城県の地域同窓会がなかったため、今回の宣言により、その設立に向けての大きな一歩を踏み出しました。
 そして最後には、周年卒業生による思い出ステージを開催し、卒業後60、50、40、30、20、10周年にあたる同窓生が期ごとにひとつのチームをつくり、母校での思い出や現在活躍している姿などについて発表をおこないました。当時の世相も交えたバラエティに富んだステージは、それぞれのカラーや個性が際立ち、世代を超えて聴講者の興味をひいていました。

日時 9月30日(土)13:30-17:30 (開場12:50)
場所 東北大学百周年記念会館川内萩ホール
プログラム
   1.開会挨拶 東北大学総長 里見 進
   2.感謝状贈呈式 小田和正氏(東北大学校友歌「緑の丘」作詞作曲)
   3.宮城萩友会設立宣言
   4.周年卒業生による思い出ステージ















mini仙台・青葉まつり

 杜の都・仙台の初夏を彩る仙台三大まつりのひとつ「仙台・青葉まつり」と、ホームカミングデーとの初のコラボレーションが実現しました。
 スウィーツタウン会場内の特設ステージに、にぎやかなすずめ踊りや木やりのほか、すずめ山車やすずのすけが登場、さらに甲冑展示などもあり、華やかなステージは大いに盛り上がりました。
 また、翌10月1日(日)開催のせんだい杜の音楽祭のプレステージとして、アイリッシュミュージックも披露され、にぎわいに一層の彩りが添えられました。

日時 9月30日(土) すずめ踊り、木やり①12:30~、②14:30~、
           プレステージ   ①13:15~、②16:00~
場所 東北大学百周年記念会館前特設ステージ












在校生と卒業生との親睦会


 毎年好評の「在校生と卒業生との親睦会」は、本学の卒業生約200名と在校生約300名が参加し、交流を深めました。先輩方からは、学生時代のアドバイスや将来のキャリアに向けての相談など、普段はなかなか聞くことのできない貴重なお話をたくさん聞けて、在校生の皆さんも大いに参考になったようでした。また、卒業生の皆さんは、旧友や恩師との再会を懐かしんでいました。
 第二部の懇親会においては、卒業生からの協賛品を景品とした大抽選会がおこなわれ、大賑わいの中、応援団の気迫あふれるリードによる学生歌斉唱のなか、盛会のうちに幕を閉じました。

第1部 卒業生との個別懇談
時間 11:00~15:30
場所 東北大学川内南キャンパス 文化系総合講義棟2階

第2部 卒業生との交流会
時間 16:00~17:00
会場 東北大学川内南キャンパス 文化系総合講義棟1階













東北大学“KIZUNA”スウィーツタウン

 今回で4回目の開催となる毎年大好評の「東北大学“KIZUNA”スウィーツタウン」では、仙台市内の人気スウィーツ店が自慢のスウィーツで来場者をおもてなししました。
 今年は、東北大学農学部オリジナルブルーベリージャムのほか、ルバーブジャムや東北大学のオリジナル日本酒「萩丸」を使った特製スウィーツも新たにラインナップに加わり、例年以上の盛り上がりを見せました。



日時 9月30日(土)-10月1日(日)(それぞれ10:00-17:00)

出店 kazunori ikeda individuel、和菓子あさべや、
   パティスリーエピス、40計画、くじらもなか本舗、
   Cafe Mozart Klee's coffee、シアトルズ・ベスト・コーヒー
   各種企画テント:東北大学生協,一般社団法人学士会,東北大学工学部












ページのトップへ戻る