新型コロナウイルス BCP 対応ガイド

学生活動ガイドライン

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのガイドマップ

BCPレベル 登 校 授 業 課外活動 学内食堂 アルバイト
5/23- LEVEL1 〇 ※1 〇 対面授業 ※2 〇 ※3 〇 オープン※4 ※5

※1 体調が悪いと感じたら登校しない

※2 オンライン併用

※3 活動の際は感染防止対策を実施してください。 詳しくはこちら

※4 生協営業情報はこちらからご確認ください ▶ 営業情報

※5 「3密」となるアルバイトは制限

授業について経済支援制度学生の皆さんへの要請事項アルバイトについて学内施設などの休止情報について証明書の発行・届出について就職活動について各種相談窓口について各学部・大学院連絡先情報配信LINEbotオンライン授業を支援する便利ツールまとめ

Information in English

行動指針レベル1への移行について(2022/05/20)

5月23日(月)から行動指針レベル1へ移行します。

新型コロナウイルス感染症の影響の下で2年半が経過し、政府において社会経済活動との両立に向けた今後の感染対策について検討が進められております。本学においても、感染対策と本学の研究教育をはじめとする諸活動との両立をさらに進展させ、新しい日常のもとにそれぞれの活動を更に充実発展していきたく、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

しかしながら、依然として新型コロナウイルス感染症の流行は続いており、予断を許さない状況です。行動指針のレベル移行後も、正しいマスクの着用、徹底した換気、密の回避、手洗いなどの基本的な感染対策と毎日の健康観察を実施し、感染から自らの身を守ることとあわせて、他人に感染させない自覚と責任ある行動をお願いします。

なお、諸活動の活発化に伴って、会食を伴う懇談等の機会が増えることも予想されますので、基本的な感染対策の今一度の徹底とともに会食上の注意事項について留意の上、ご対応くださいますよう、併せてよろしくお願いします。

東北大学総長 大 野 英 男

ニュース|学生、教職員のみなさんへ(行動指針レベル1への移行について)

学生相談・特別支援センターからのメッセージ(2022/3/22)

学部新入生の皆さんへのメッセージ

今できることを柔軟に考える

『新入生こころのケアQ&A(2022年度版)』はこちら

在校生の皆さんへのメッセージ

新たな生活・新たな自分づくり

新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関するアンケート(R2年度実施)結果に基づくリーフレットはこちら

授業について (2022/3/9)

新学期に行われるオリエンテーションやガイダンスは、感染対策に最大限の注意を払いながら実施し、教育課程の理解や学生間交流を促進していきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応を引き続き行いながら、各授業科目で学修する内容・特性に合わせ、キャンパスで行う対面授業とオンライン授業を効果的に併用した授業を実施していきます。

学部1年生をはじめとする低学年次学生の履修が主となる授業科目においては、全学教育科目を中心に対面での学修効果を重視した授業を実施していきます。

学生の皆さんを交えた意見交換会や懇談会等を開催し、寄せられた意見・要望を取り入れながら安全・安心をもって本学で修学できる環境を用意していきます。

令和4(2022)年度の授業実施について ▶ 詳細

BCPレベル1〜3における授業実施の取扱い・対応ガイドライン(2021.9.17)詳細

経済支援制度

新型コロナウイルス感染拡大の影響等で家計が急変したなど、経済的なお困りことがありましたらぜひ一度、下記問い合わせ先に相談してください。 2022/2/4 現在

対象の学生 制度 支援種別 学部学生 大学院学生
日本人
学生
外国人
留学生
日本人
学生
外国人
留学生
本学で実施する各支援メニューに合致した学生
ピアサポーターに申し込む学生
パソコン貸与を希望する学生等
東北大学学生支援パッケージ 支援全般
修学支援を必要とする低所得世帯の学生 高等教育の修学支援新制度(文部科学省) 給付奨学金
授業料免除
        
生計維持者の予期できない事由(失業・退職・死亡など)により家計が急変した学生 日本学生支援機構奨学金 家計急変採用、緊急・応急採用 給付・貸与
奨学金
     
経済的に困窮し授業料免除を希望する学生 東北大学が実施する授業料免除 授業料免除
民間団体等の申請条件に合致する学生 各種奨学金(災害に係る奨学金もこちらです) 給付・貸与
奨学金
コロナ禍の影響により、アルバイト収入が大幅に減少した学生 日本学生支援機構奨学金 緊急特別無利子貸与型奨学金 貸与奨学金
(参考)新型コロナの影響を受けた学生等の経済支援(文部科学省) 支援全般      
(参考)仙台市ウェブサイト「新型コロナウイルス感染症に関する支援制度について」 生活全般      
(参考)仙台市ウェブサイト「新型コロナウイルスに関連した感染症について(外国人住民の皆さまへ)」 生活全般      

【問い合わせ先】
<学部1・2年生>
教育・学生支援部 学生支援課 経済支援係 Email:shogaku@grp.tohoku.ac.jp Tel: 022-795-7816
<学部3年以上> 所属学部・研究科の教務担当係
<外国人留学生に関する奨学金> 所属学部・研究科の教務担当係

東北大学からのメッセージ 第二弾

2022年2月16日

にち予定よてい東北とうほく大学だいがく留学生りゅうがくせいのみなさまへ

 外国人がいこくじん新規しんき入国にゅうこく原則げんそく停止ていしつづくなか、みなさんがオンラインを活用かつようした学習がくしゅう研究けんきゅう活動かつどう懸命けんめいんでいることに感謝かんしゃします。
最近さいきん報道ほうどうにおいて、「日本にほんこく政府せいふ新規しんき入国にゅうこく停止ていし解除かいじょし、3がつからの入国にゅうこく制限せいげんの緩和かんわにむけた検討けんとうすすめる」とほうじられています。今後こんご、「入国者にゅうこくしゃすう上限じょうげん見直みなおしや入国にゅうこく待機たいき期間きかん短縮たんしゅくなども検討けんとうされる」とのことです。わたしたち東北とうほく大学だいがくは、みなさんをおむかえできることへの期待きたいおおきくなっています。さらにくわしい情報じょうほうがわかりましたらいちはやくおらせします。
東北とうほく大学だいがくではコミュニティーの大切たいせつ一員いちいんであるみなさんを1にちでもはや東北とうほく大学だいがくのキャンパスにむかえることができるよう、つづき、日本にほん政府せいふ関係者かんけいしゃたいしてつよはたらきかけをおこなっていきます。

 また、文部科学省もんぶかがくしょう日本にほんかく大学だいがくでは日本にほんへの留学りゅうがくこころちにする留学生(りゅうがくせいけた特設とくせつページ(https://www.jv-campus.org/intl-box/)開設かいせつしています。東北とうほく大学だいがくからもキャンパスの紹介しょうかいやオンライン交流こうりゅうイベントなどのコンテンツを提供ていきょうしていますので、こちらもぜひてください(https://www.jv-campus.org/intl-box-comm/)

東北大学副学長(教育改革・国際戦略)高等大学院機構長

山口 昌弘

にち予定よてい東北とうほく大学だいがく留学生りゅうがくせいのみなさまへ(pdf)日本語 English Infomation in English (Global Site)

東北大学からのメッセージ

2022年1月17日

渡日予定の東北大学留学生の皆様へ

留学生を含む外国人に対する日本政府による新規入国停止措置により、皆さんが日本に来ることが出来ずに待ち続けていることに、私たちは、大変心を痛めています。

私たちは、留学生の皆さんを仙台に受け入れ一緒に学び研究を進めることが、「門戸開放」を掲げる研究大学である東北大学にとって非常に重要と考えています。そのため、東北大学は、他大学とも協力して、皆さんの日本入国が可能となるよう日本政府や関係者に対して強く働きかけを行ってきました。最近の報道では、日本政府は留学生の入国について、段階的に認めることを検討する、と報じられています。これは、部分的ではありますが、私たちの要望が反映されたものです。東北大学は、引き続き早期の留学生の日本入国再開を強く要望していきます。また、日本への入国停止措置が解除され次第、一日でも早く皆さんの来日が叶うよう万全の受け入れの態勢を準備しています。

私たちは、皆さんが東北大学の学生としてオンラインで授業を受け、セミナー/ゼミナールや研究活動を強い意志で継続していることに敬意を表します。私たちは、引き続きこれからも皆さんの学びを全力で支援していきます。東北大学では、留学生オンラインヘルプデスクを開設しています。皆さんが何か困ったことがあった場合には、いつでも気軽に相談してください。

皆さんは、既に東北大学コミュニティーの大切な一員です。一日も早く皆さんを東北大学のキャンパスにお迎えできることを心から楽しみにしています。

東北大学副学長(教育改革・国際戦略)高等大学院機構長

山口 昌弘

 留学生オンラインヘルプデスク(International Student Help Desk)はこちら

 渡日予定の東北大学留学生の皆様へ(pdf)日本語

学生の皆さんへの要請事項

大学生の感染要因を見ると、多くは、旅行や課外活動後の会食等によるものです。大人数での懇親会等は行わないなど感染リスクを考えた責任ある行動と感染予防の徹底をお願いします。

【新型コロナE-learning / COVID-19 E-learning】

●本学の学生の皆さんは動画を視聴して感染対策を学習してください。動画視聴後は確認テストを受けてください。/Students of Tohoku University are required to watch the video and take a short test.

動画教材 PDF 確認テスト
資料PDF 確認テスト
Video PDF short test
PDF short test

【日常生活における要請】

●研究活動に関しては、各部局にて感染拡大防止対策を徹底のうえ、厳格な管理体制下で遂行することとなっています。所属部局の指示に従ってください。

アルバイトについて

●アルバイトについては業務内容や労働条件を十分に確認し、感染防止策に万全を期したうえで、従事できることとします。
なお、勤務先の感染管理が行き届いていない(不十分である)、または不特定多数の方と「3密」環境となるアルバイトは従事しないよう、引続き強く要請します。

学内施設等の休止情報について

【附属図書館から】
・附属図書館・図書室の開館(室)状況についてはこちらをご確認ください。 ▶ 詳細

・学生向け図書の郵送貸出サービス についてはこちらをご確認ください ▶ 詳細

自宅で利用できる電子資料  新入生のみなさまへ

証明書の発行・届出について

窓口発行の証明書は郵送対応の場合がありますので、各学部等の担当窓口まで問い合わせてください。
自動発行機は通常通り使用可能です。
詳しくはこちら

就職活動について

※就職活動で国内移動をする際は、マスク着用、手洗い、手指消毒など健康管理を徹底してください。
首都圏での就職活動支援はこちら
キャリア支援センターWebサイトはこちら
キャリア支援センターの利用を一部再開しました。(2021/9/16から) 詳細
キャリア支援センターのサポートについてはこちら 
キャリア支援センター Twitter
(理学部)web面接スペースの貸し出しについてはこちら

各種相談窓口について

【こころ豊かな学生生活について 学生相談・特別支援センター】

学生相談・特別支援センターでは、皆さんの心豊かな学生生活をサポートしています。

学生相談・特別支援センター :
学生相談所は こちら

TEL:022-795-7833
E-mail:gakuso@ihe.tohoku.ac.jp

学生相談・特別支援センター :
特別支援室は こちら

TEL:022-795-7696
E-mail:t-sien@ihe.tohoku.ac.jp
Twitter:https://twitter.com/tohokuDSO

「聞こえ」や「見え」の障がいによりオンライン授業に困難がある場合は特別支援室までご相談下さい

◾️ 障害のある学生のみなさまへ(pdf) ▶︎日本語English

◾️ その他の相談窓口について

・パソコン等の準備が困難な場合の相談
教育・学生支援部 全学教育実施係
TEL:022-795-7558・7562

◾️ その他参考情報
・厚生労働省「新型コロナウイルス感染症関連|SNS心の相談」についてはこちら
・LINE公式アカウント「宮城県-新型コロナ対策パーソナルサポート」 についてはこちら
※登録すると個人の状態に合わせた情報提供や医師への相談サービスを利用できます。
日本赤十字社「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ

なお、学部・研究科ごとに連絡される事項もありますので、こまめに各学部・研究科等のウェブサイトも確認してください。

各学部・大学院連絡先

学部・大学院 TEL E-mail
文学部・文学研究科 022-795-6004 art-kyom@grp.tohoku.ac.jp
教育学部・教育学研究科 022-795-6105 sed-kyomu@grp.tohoku.ac.jp
法学部・法学研究科 022-795-6175 law-kyom@grp.tohoku.ac.jp
法科大学院・公共政策大学院 022-217-4945 law-pro@grp.tohoku.ac.jp
経済学部・経済学研究科 022-795-6265 eco-kyom@grp.tohoku.ac.jp
理学部 022-795-6350 sci-kyom@grp.tohoku.ac.jp
理学研究科 022-795-6351 sci-in@grp.tohoku.ac.jp
医学部医学科 022-717-8009 med-kyo1@grp.tohoku.ac.jp
医学部保健学科 022-717-7905 cms-kyom@grp.tohoku.ac.jp
医学系研究科 022-717-8010 m-daigakuin@grp.tohoku.ac.jp
歯学部・歯学研究科 022-717-8248 den-kyom@grp.tohoku.ac.jp
薬学部・薬学研究科 022-795-6803 pharm-kyom@grp.tohoku.ac.jp
工学部 022-795-5818 eng-kyom@grp.tohoku.ac.jp
工学研究科 022-795-5820 eng-in@grp.tohoku.ac.jp
農学部・農学研究科 022-757-4007 agr-rl@grp.tohoku.ac.jp
国際文化研究科 022-795-7556 int-kkdk@grp.tohoku.ac.jp
情報科学研究科 022-795-5814 is-kyom@grp.tohoku.ac.jp
生命科学研究科 022-217-5706 lif-kyom@grp.tohoku.ac.jp
環境科学研究科 022-752-2235 kankyo.kyomu@grp.tohoku.ac.jp
医工学研究科 022-795-4824 bme-kyom@grp.tohoku.ac.jp

情報配信LINEbot

こちらへ登録すると学部・研究科ごとの最新情報を自動で受け取ることができます。https://lin.ee/z0tuLID
【開発者】中屋悠資さん(工M1)、高橋佑輔さん(工4)、樋口賢一さん(医4)(注 開発当時)
いずれも株式会社Adansons所属(2019年6月設立の東北大学発AIベンチャー企業)
本サービスに関する質問など : https://twitter.com/YushiNakaya
LINE bot

オンライン授業を支援する
便利ツールまとめ

TOP