新型コロナウイルス BCP 対応ガイド
LEVEL2
東北大学の行動指針(BCP)(新型コロナウイルス感染症拡大防止のための学内制限)
2020 年6月1日発令 活動制限表は下記を参照

新型コロナウイルス感染拡大防止のための東北大学の行動指針(BCP)

この行動指針は全学共通を原則としますが、感染状況に応じて団地又は部局ごとに判断することもあります。

研究活動 研究活動は続行できますが、感染拡大に最大限の配慮をしつつ、学生・研究員・研究スタッフ(研究室関係者)は現場での滞在時間を減らし、可能な場合は自宅での作業を検討します。
授業 オンライン授業のみ
課外活動 全面禁止
学内会議 対面会議は必要最小限とし、原則としてオンライン会議に移行します。
事務体制 感染拡大に最大限の配慮をしつつ、職員の時差出退勤と、業務の性質上可能な業務は在宅勤務を推奨します。

東北大学の行動指針(BCP)詳細はこちらをご確認ください 詳細

*なお、医療関係者およびコロナウイルス研究従事者はこの活動制限の適用範囲外
*この活動制限指針は、感染のフェーズの変化等、今後の状況に応じ、随時見直しを行う場合があります。

学内状況について

・4月5日(日)、本学の学生1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
・4月7日(火)、本学の学生1名(仙台市発表25例目)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

※ 感染者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をよろしくお願いします。

TOP