HOME > 業務内容 > 図書

附属図書館において、教職員や学生等の利用者に対して様々なサービスを提供します。
図書館の業務は近年の技術のめざましい進歩により、
コンピュータネットワークを介した学術情報の提供という側面が強くなっています。

試験区分:図書

主な業務内容

情報管理
図書館資料の目録情報データベースに関する業務
図書館資料の選定、発注、契約、受入、整理に関する業務
予算管理に関する業務
図書館事務の連絡調整に関する業務
情報サービス
図書館資料の貸出、返却、配架、保管、蔵書点検に関する業務
図書館利用案内、参考調査、情報検索に関する業務
他機関との相互利用(文献複写、図書現物賃借)に関する業務
電子図書館の構築、運用に関する業務
資料の電子化に関する業務
情報リテラシーに関する業務
電子ジャーナル等の刊行情報の調査及び利用指導に関する業務

若手職員の声

message
東北大学
附属図書館工学分館 整理・運用係
田名部 晃平
Tanabu Kohei
平成28年4月採用
趣味・特技
読書、映画鑑賞、観劇、ボルダリング

質問

国立大学法人等職員を志望した理由は何ですか?
正社員になりたかったからです。本を扱う仕事がしたくて司書資格を
取得・転職しましたが、図書館職員の募集は任期付きほとんど。
図書館で働き続けたい、という私の希望に一番合致したのが、
図書区分での公募がある大学職員採用でした。
現在の仕事内容について教えてください。
ILLの受付と目録を主に担当しています。ILLの受付とは、他の機関から
「うちで持っていない資料を貸して!コピーを送って!」との要望に応える
業務で、目録は、資料が検索出来るようデータベースに登録するお仕事です。
仕事をする上で心掛けていることは何ですか?
「~するな」をなるべく言わないことです。大学図書館は資料管理・運用だけ
でなく、学習支援・利用者教育も担います。禁則事項ではなく意図や代案を
伝える方が、相手も考えて行動するし注意も減らせるので、お互いハッピーな
気がします。
仕事をしていて楽しい!うれしい!と思う瞬間は何ですか?
ありがとう、と言われない日です。私が担当する目録と受付業務は、
学術情報のインフラです。インフラが意識されるのは問題や不都合が
あった時だけで、声をかけられないということは、業務を十分に
遂行できている証拠なので。
国立大学法人等職員を目指す方へのメッセージをお願いします。
【図書館は成長する有機体】とは耳タコの金言ですが、変化に対応
できるよう、多様なキャラクターを求めているのは確かです。
あなたの考え方と、その背景を教えてください。

仕事などのスケジュール