平成29年度第2回「東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞授与式」を開催しました

12月18日(月)、東北大学片平北門会館2階エスパスにおいて、平成29年度第2回「東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞授与式」を開催しました。

里見進総長から、「これから海外に留学する皆さんは、学力を高めることはもちろんのこと、様々な異文化交流を通じ、幅広い視野と柔軟な思考力を培ってください。そして、諸外国の人々と対等に議論する国際感覚とコミュニケーション能力を身につけてください。」と激励の言葉が賞状とともに贈られました。

続いて東北大学基金運営委員会委員長の佃理事から、「受賞者の皆さんには、『留学する学生を応援したい』という寄附者の思いを忘れず、実りの多い留学生活を送り、帰国後は、留学の経験を、友人や後輩たちへ様々な形で還元することを期待します。」とのお話がありました。

                 

賞状授与後には受賞者を代表して、理学部4年の大浦早紀さん(ドイツのゲッティンゲン大学に留学予定)から挨拶と留学にあたっての抱負が述べられました。続いて、留学を終えて帰国した経済学部4年の山本日向子さんから留学体験談と寄附者の方々への感謝の言葉が述べられました。山本さんは、平成27年度第2回の受賞者であり、平成28年1月から12月までシンガポール国立大学に留学していました。現在はグローバルキャンパスサポーターの一員として本学の国際化に貢献しています。

                                

受賞した学生は1月より順次渡航、留学生活をスタートします。

  

グローバル萩海外留学奨励賞受賞者による留学体験談


     
         

    留学の抱負を述べる大浦早紀さん
         
           

      里見総長と受賞者の記念撮影
                                                       
     
    

本学と学術交流協定にある海外の大学に留学する学生のうち、特に優秀な成績の学生に与えられ、賞状と準備金および奨学金が授与されます。

                
  • ・準備金 上限30万円を渡航のために必要な一時金として支給
  • ・奨学金 月額6~10万円の範囲で支給 ※金額は派遣先により異なる
  •            
         

    関連リンク グローバルラーニングセンター

menu