平成29年度第1回東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞授与式を開催。14名の学生が受賞しました。             

東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞授与式

8月1日(火)東北大学片平北門会館2階エスパスにおいて、平成29年度第1回「東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞授与式」が行われました。

里見進総長から、「学力を高めることはもちろんのこと、様々な異文化交流を通じ、幅広い視野と柔軟な思考力を培ってください。そして、諸外国の人々と対等に議論する国際感覚とコミュニケーション能力を身につけてください。」と激励の言葉が送られました。

授与式では、出席した13名の学生に里見進総長から賞状が贈られ、受賞者を代表してナンヤン工科大学(シンガポール)に留学する工学研究科博士課程前期1年田中裕夏子さんとスイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイス)に留学する理学部3年児玉祥太さんよりあいさつがありました。田中さんは将来のために土木技術やコミュニケーション能力の修得を、また、児玉さんは世界中から集まる様々な人たちとの交流を通して、多角的に物事を分析できるスキル・感覚の育成という目標を述べました。

今回の受賞者は、2017年8月より順次、半年~1年の留学生活をスタートします。

           
東北大学基金グローバル萩海外留学奨励賞
本学と学術交流協定にある海外の大学に留学する最も優秀な学生に与えられ、準備金および奨学金が授与されます。

・準備金 上限30万円を渡航のために必要な一時金として支給

・奨学金 月額6~10万円の範囲で支給 ※金額は派遣先により異なる