2018年春海外研修プログラム

異なる文化に触れることでより深く日本を知ることができた研修

今回のプログラムでは、インドネシア国内トップの大学であるインドネシア大学に短期留学しました。プログラム前半は、大学で実践的なインドネシア語の授業を受けたり、講義では社会構造や文化、宗教という観点からインドネシアという国について学びました。また、日本大使館やJETROを訪問し、海外で日本のために活躍している方々と実際にお話しすることができました。後半は、イオンインドネシアのご協力のもと、現地学生と一緒にインターンシップをしました。ライバル店や周囲の住宅を訪問して消費者の方々からお話を聞きマーケティング調査をし、その結果から、グループごとに自分たちのアイディアをイオンのスタッフの方々にプレゼンさせていただきました。                 

今回の研修で、実際に行ってみなければわからないことが多くあると感じました。インドネシアでは宗教が本当に生活に密着していることや多様な文化がうまく共存しあっていました。異なる文化に触れることでより深く日本を知ることができると改めて実感しました。また、インターンシップではビジネスにおいて、グループで活動する上で、お互いが正直な意見をぶつけ合うことが大切だと学びました。また、現地の学生たちは英語を用いたコミュニケーション力やプレゼンテーションの技術が優れていたり、すでに起業している学生もいたりと、彼らと一緒に活動することは自分にとって刺激になりました。自分の今後のキャリアを考える上で貴重な経験をすることができました。このような機会をくださり本当にありがとうございました。

研修先:インドネシア大学(国名:インドネシア)
プログラム名:「インドネシアで挑戦するインターンシップ」
法学部2年 對馬 有紀