2017年夏海外研修プログラム

英語でコミュニケーションをとることにより得られた成長

今回、ベトナムに短期留学するという貴重な機会を与えて下さってありがとうございます。今回短期留学を経験でき、自分の英語力の低さに対する危機感をあおること、さらに、モチベーションの向上につながりました。

                

英語以外にも様々なことを学びました。1つ目は発展途上国の現状です。ベトナムに行く前は、あまり知らない国である分多くの不安がありました。しかし、実際留学し、大きく変わりました。英語を一生懸命聞き取り、会話してくださったり、英語が話せない店員さんは、従業員総動員で一生懸命対応してくださったりと人の温かさを感じました。さらに、町中で日本語で話しかけてくださったり、フレンドリーな方が多く、今の日本ではなかなか感じられない人との繋りを感じました。衛生面は病気にかかることはありませんでした。油断は禁物ですが、人の意見だけで危険な国と決めつけるのではなく百聞は一見に如かず、実際行って見る体験する大切さは重要だと感じました。


2つ目はいろんな人と関わり学ぶ大切さでした。学年も学部も異なる子と関わることで、今まで自分は狭い価値観考え方で生きていたと実感し、広い視野を持つことの大切さを知りました。これからの自分も固定観念にとらわれず、周りの方々のいいなと思う部分を取りいれ自分の成長に繋げていきたいです。


最後に改めて、今回短期留学をする機会を与えて下さった方々、FTUでサポートしてくださった方々、ベトナムで私に関わってくださった方々、全ての方々に感謝申し上げます。ここで得たものをこれからの自分に繋げていけるよう努力を続けたいと思います。

研修先:貿易大学ハノイ校(国名:ベトナム)
プログラム名:「ベトナムで学ぶ経済と国際ビジネス」
薬学部3年 菅野 真由