2016年春海外研修プログラム

将来の選択肢が広がった研修

私は今回のSAPのオーストラリア研修に参加させて頂いたことで自分が今までどれほど狭い世界の中で暮らして来たかということを感じることが出来ました。研修先のオーストラリアは歴史的にも多くの移民によって発展してきた多国籍の国であったためにたくさんの国の人々と交流することが出来ました。

                

私は法学部に所属しており、来年度から4年生となるため帰国後は就職活動に追われる毎日を過ごしています。研修に参加する前後ではやはり自分の志望する業界に変化が生じました。自分は広い世界の中に生きている一人の日本人なのである、という広い視点を持つことが出来たため、現在では海外に出て仕事をしてみたいと思うに至りました。


今回の海外研修は私にとって初めての短期留学であり、またこのように奨学金が付与されるプログラムとして組まれているモノでなければ、留学をしたくともなかなか実際に行ってみようと踏み切ることは出来なかったと思います。現地でも出会いに恵まれ、共に研修を経験した仲間はそれ以降もプライベートで遊びに行くほど仲良くなることが出来ました。


たくさんの出会いに感謝するとともに今回の留学に踏み切ることの出来た大きな要因となった奨学金の寄附者の方にもお礼を申し上げます。これから広がっていく私の人生をより豊かで楽しいものにするために今回の研修をきっかけに自分の能力の向上のために努めていきたいと思います。


派遣先:ニューサウスウェールズ大学(国名:オーストラリア)
プログラム名:「オーストラリアで学ぶアカデミック・イングリッシュ」
法学部3年 伊藤広樹