2015年度入学前海外研修

将来の選択肢が広がった研修

今回の海外研修を通して私が得たものは「経験欲」です。研修自体は2週間という短い期間でしたが、カリフォルニアという異文化を肌で感じ、多くの人と出会うことができました。この経験が、私に知識欲だけでなく「実際に自分の目で見て肌で感じたい」という経験欲を与えてくれました。


高校時代には、周囲に異文化を感じることができる環境が少なかったために、何か海外のことが知りたいと思った時には、本やインターネットを通して知識を得ることで満足していました。正直、この研修に参加する前にもカリフォルニアついての本を読んだり情報を集めたりして、知識だけで現地のことを知っているような気持ちになっていた部分がありました。しかし、研修中に訪れた場所、出会った人から現地の生活文化を感じたことで、今までに得た知識が経験に変わっていくことが多くありました。文字や画像などの情報でしか知らなかったことを実際に見聞きして、知識として伝えることができない「空気感」のようなものを感じることができたのは本当に良い経験でした。


また、講師であるブラウン先生、共に研修に参加した仲間たちなど、成長してきたバックグラウンドが大きく異なる人たちと交流できたことも、良い刺激になったと思います。


今回このような貴重な経験をすることができ、本当にありがたいと思っています。この研修で得た経験欲を発揮して、充実した大学生活を送っていきたいと思います 。

派遣先:カリフォルニア大学(国名:アメリカ)
農学部1年 濱松郁美