懲戒処分の公表

            1. 被 処 分 者 工学部・工学研究科 事務職員(係長級) 男性・40代

        2. 処  分  日    平成27年10月28日

      3. 処分の種類  停職1月


<事案の概要>

  同人は、平成25年12月頃から平成27年6月にかけて、上司と部下という優越的な立場を背景に、複数の職員に対して長時間に渡る叱責や暴言、日常的に人格を否定するような発言等を繰り返し、職員に精神的苦痛を与える等、職場環境を悪化させた。
   同人の行為は、ハラスメントに該当する行為であり、東北大学職員就業規則第49条第1項第8号に定める「この規則によって遵守すべき事項に違反があった場合」に該当し、同規則第48条第3号に定める停職1月の懲戒処分としたものである。
   なお、本件にかかる管理監督責任者の研究科長及び事務部の長に対し、文書による厳重注意とした。

<事案発覚の経緯>

   平成27年2月     同人は業務報告に不備があるとして、部下を集めて長時間叱責し、更に、常勤職員のみを別室に集合させて、
                         立たせたまま叱責を続けた。
                部下からの報告により、同人の上司が事情を確認し、注意を与えた。
   平成27年6月      同人は部下への叱責を断続的に繰返したのち、激昂して暴言を吐き、ドアを蹴飛ばし部屋を飛び出した。
 

<< 前のページに戻る

▲page top