国立大学法人東北大学職員への兼業依頼について

国立大学法人東北大学が平成16年4月1日をもって設立されました。
 これにより、国立大学法人東北大学の職員に係る兼業許可手続きが変わりました。
 職員には今後も就業規則において定められているとおり職務専念義務があり、他の職を兼ねることは制限されております。ただし、「国立大学法人東北大学職員兼業規程第4条」の基準により兼業内容を審査した上で兼業を許可することができます。
 また法人化に伴い、兼業と勤務時間の関係に次のとおり変更がありました。

【旧制度】
 ↓

【新制度】

  今後は、下記の方法により兼業の依頼を行ってください  

《依頼方法》

1 兼業(下記2の役員等兼業を除く)

(1)様 式 
 「兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)」(下記@)
(2)依頼先 
 「兼業依頼先一覧」
(3)方 法 
 電子メールにより「兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)」(下記@)を添付ファイルで送信してください。
(4)期 限 
 兼業許可希望日の2ヶ月前
(5)回 答 
 依頼いただく「兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)」(下記@)の下段に兼業許可日及び文書番号を記入
したもの(公印省略)を電子メールにて送信いたします。
(6)照 会 
 兼業の手続き等について不明な点がありましたら、「兼業依頼先一覧」により兼業許可希望日の2ヶ月前までに
担当係へ照会願います。
  本学職員が許可無くして兼業に従事することはできませんので兼業依頼の  
手続き等におきましては、遅漏のないよう重ねてお願い申し上げます。  

2 役員等兼業(下記1)〜3)の場合)

  1. 技術移転事業者(TLO)の役員等(監査役を除く。)の兼業
  2. 研究成果活用企業の役員等(監査役を除く。)の兼業
  3. 株式会社又は有限会社の監査役の兼業
(1)様 式 
 「役員等兼業依頼状」(下記A)
(2)依頼先 
 「兼業依頼先一覧」
(3)方法等 
 上記1)〜3)の役員等兼業の場合は、審査に要する時間及び「役員等兼業依頼状」(下記A)のほか別途書類が
必要となりますので、「兼業依頼先一覧」により兼業許可希望日の 3ヶ月前までに担当係へ照会願います。

  本学職員が許可無くして兼業に従事することはできませんので兼業依頼の  
手続き等におきましては、遅漏のないよう重ねてお願い申し上げます。  

3 兼業依頼先

兼業依頼先一覧

4 兼業依頼状様式・見本

@ 兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)ダウンロード用WORD
  1. 兼業依頼状記入見本(非常勤医師・非常勤講師・講演以外)PDF
  2. 兼業依頼状記入見本(非常勤医師・非常勤講師)PDF
  3. 兼業依頼状記入見本(講演)PDF
A 役員等兼業依頼状 ダウンロード用WORD
     役員等兼業依頼状Aは、TLO及び研究成果活用企業の役員等、株式会社又は有限会社の監査役を兼業する場合のみに使用します。
  1. 役員等兼業依頼状記入見本(技術移転事業者(TLO)の役員等)PDF
  2. 役員等兼業依頼状記入見本(研究成果活用企業の役員等)PDF
  3. 役員等兼業依頼状記入見本(株式会社又は有限会社の監査役)PDF

5 参考

  1. 国立大学法人東北大学職員兼業規程PDF
  2. 国立大学法人東北大学職員兼業規程の運用について
  3. 役員等兼業許可申請手続等についてPDF

<< 前のページに戻る

▲page top