ホーム > 組織 > 情報シナジー機構概要

情報シナジー機構概要

ごあいさつ

シナジー機構長
東北大学情報シナジー機構長
青木孝文

 東北大学情報シナジー機構は,平成13年4月,本学における情報関連組織の総合的協働体として,教育研究活動及び運営を支援することを目的に設置され,以来,本学の情報化の推進に寄与してきました。しかし,その後の情報化社会の急速な進展等に伴い,教育・研究と法人運営のための情報基盤の一層の充実・高度化が本機構に求められるようになっていました。

 このような状況を背景として,平成19年11月に「東北大学情報推進アクションプラン」が策定され,法人化後の国立大学にとって情報基盤が大学の価値を決める重要な要素であるとの認識のもと,平成20年度から平成24年度までの5ヶ年にわたる整備計画がスタートしました。これに沿って,総合情報ネットワークシステム の計画的整備,全学的な統合電子認証システムの導入,全学で共通に利用するポータルシステムの構築など,本学における情報基盤の整備は順調に進んできました。その後,平成25年度から平成29年度までの新しい情報基盤整備計画の策定によって,教職員全学メールの導入や学生メールの強化が実施され,本機構の役割は,従来よりも広範かつ積極的な対応が求められるようになってきました。

 しかし,その歩みはまだまだ途上というべき段階であり,さらに,情報セキュリティ対策の一層の強化などいくつかの課題も明らかになってきています。

 本機構は,今後とも,その役割を果たすべく,任務とする課題へ積極的に対応し,本学の情報化の更なる推進に寄与したいと考えております。

 皆様のご理解と,ご協力,ご支援を心からお願いいたします。

情報シナジー機構の役割

 本機構は,本学の情報化推進のため,全学情報基盤に係る幅広い課題へ適時的確に対応していくことを,その役割としています。

  • 本学全体の情報基盤整備等に係る企画立案・調整
  • 全学情報基盤や情報システムの整備・運用・管理
  • 全学情報基盤に基づく各種サービスの提供とセキュリティ対策の推進

情報シナジー機構の構成

 本機構は,サイバーサイエンスセンター及び本部事務機構情報部が中核となり,本学の情報関連組織が有機的に連携することで運営されています。

シナジー機構図
画像をクリックで拡大図へ

全学情報基盤の概要

 本機構は,東北大学総合情報ネットワークシステム,統合電子認証システム,ポータルシステムを中心とした全学情報基盤,及び,各種サービス等を提供することにより,本学の情報化を推進しています。

全学情報基盤の概要
画像をクリックで拡大図へ

全学情報基盤(概要)

情報シナジー機構の沿革

情報シナジー機構の沿革
画像をクリックで拡大図へ

お問い合わせ

お問い合わせを参照してください