教育・研究分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向けて、東北大学では様々なインフラ強化を行っています。

Ⅰ.最新版のMicrosoft Officeや関連するソフトをご活用頂けます

①教育機関向け総合契約(EES)とは

②利用できる主なマイクロソフト製品

Teams
 クラス管理や、オンライン授業に活用できる
 Web会議、チャットルームなどを統合した
 コミュニケーションツール
Stream
 オンライン授業やプレゼンテーションなどの
 動画配信プラットフォーム
Word,Excel,PowerPointなど、常に最新版のOffice製品が利用可能 Class Notebook
 授業計画の共有やクリエイティブな活動の
 ためのコラボレーションツール

③導入方法




Ⅱ.数値解析ソフトウェア(MATLAB)がご利用頂けます

①MATLABとは

  • MATLABは、アメリカ合衆国のMathWorks社が開発している数値解析ソフトウェアです
  • 数値線形代数、関数とデータの可視化、アルゴリズム開発、グラフィカルインターフェイスや、他言語(C言語/C++/Java /Python)とのインターフェイスの機能を有しています
  • 世界トップ10の大学を含む、世界中の1800以上の大学で500万人以上の学生が、Campus-Wide Licenseを通してMATLABとSimulinkを制限なく利用しています

②Campus-Wide Licenseとは

すべての学生および教職員がいつでもアクセス可能 授業やラボだけでなく教職員・学生所有PCもOK (BYOD) Simulinkを含む100種類以上のToolboxが利用可能/Full Suite (全製品)による研究の高度・効率化
全学ライセンス導入校専用のオンライントレーニングの全学的なアクセス 常に皆が最新バージョン(学内/学外連携の推進) 技術サポート(教職員)
インストールサポート(全員)

③導入方法




Ⅲ.各種Web会議ツールがご利用頂けます

①Web会議/オンライン授業基盤の整備


②導入方法




「情報シナジー機構」のホームページへ戻る

本件に対する問い合わせ

情報シナジー機構(情報部オンライン業務推進課 オンライン企画係)
TEL:022-217-4925 片平(91)4925
MAIL:i-software(@)grp.tohoku.ac.jp  ※メールアドレスの(@)を@に読み替えてください

※各社の製品名称・ロゴは各社の登録商標です。