教員個人評価 

  


教員個人評価のあり方について

教育・研究を中心に本学の教員個人が行う諸活動について現状を把握し,適正な評価を行うことによって,大学としての社会的説明責任を果たし,あわせて大学運営の改善や教育研究活動の活性化のための指標とすることを目的に「教員個人評価のあり方について」を発表しました。

 ダウンロード(PDF) 最新版
 教員個人評価のあり方について ダウンロード



  

これまでの改正経過


「教員個人評価のあり方」改正経過
 平成18年6月20日  部局長等連絡会議  初版発表
 平成18年6月29日  部局長あて通知  初版通知
 平成19年1月11日   部局評価責任者説明会  一部修正(根拠資料の項目を,大学情報データベースの登録画面に一致させた部分・文言の修正等) 
 平成19年7月2日  部局評価責任者説明会  短時間勤務制度,介護・育児休業等について修正


関係する中期計画

第一期中期目標・中期計画との関連

中期計画(抜粋)
 人事評価システムの整備・活用に関する具体的方策
 中期計画 (番号167)  目に見える形での成果が現れるのに一定の時間を要する「教育研究」の特製を十分考慮した人事評価システムの整備に努める。


第二期中期目標・中期計画との関連

中期計画(抜粋)
 多様な努力が報われる評価システムの確立と活用
 中期計画 (番号48)   評価については、職種等の特性を踏まえて適切に実施し、必要に応じて改善を行う。